足の臭いとの関係

足に出来る角質は肌の見た目を大きく損なうとして綺麗なケアを行うことが推奨されていますが、中には体質だからと放置するなど真剣にケアを行っていない方も少なくありません。ですが足などの隠し綱時に肌の見た目を変える以外の被害をもたらすことがあり、中でも足に出来る角質は足の臭いに大きな影響を与えることがあるそうです。

 
足の臭いは足に表皮ブドウ球菌やコリネバクテリウムといった様々な細菌が付着して繁殖した事によって引き起こされています。こうした細菌は特に足に出来る角質を餌にして繁殖するため、角質を持つ人の足はすべすべの足の人よりもにおいやすい状態になっているのだそうです。更に通気性の悪いブーツなどを履いていると更に繁殖スピードは増してしまうので、悪臭を漂わせないためにも角質はこまめに掃除して菌を繁殖させる可能性を下げるようにしましょう。
最近足の臭いに悩まされているという方は角質が出来ていないか確認してみてください。ひどい角質だと中に菌が侵入しているものもあるそうなので、常に角質は綺麗に取り除くことが出来るように入浴時などに角質は削り取るようにしたりパックなどを使って角質を取り除ける状態にするなど見た目にも綺麗な肌を作れるように気を使ってください。家族02

コメントは受け付けていません。