放置しているとどうなる?

かかとや肘といった肌の一部が高質化する角質は見た目も悪くなるため早めにケアを施しておきたいところですが、もし角質を放置した場合肌には角質が硬くなる以外にも様々な悪影響が引き起こされます。常に滑滑な肌をキープさせたいという方はもちろん足を見せる機会が無いから油断して角質を放置してしまっていたという方はちゃんと角質ケアを行うようにしてください。

 

葉03
角質は放置すればするほどどんどん古い皮膚が蓄積されていって角質の範囲が広がったりより硬い角質層を作り上げます。こうなるとどんどん普通のケアでは角質を取り除くことが出来なくなってくるので、相当硬い角質が既に出来上がっている方はエステサロンなど専門家によるケアを受けることが出来るところで角質を取り除いてもらいましょう。

 
角質を放置することは角質の拡大だけで済まされません。足に大きな角質が出来ると歩いている際に掛かる衝撃を足で吸収することが出来なくなり、膝や腰といった部位に歩行時の衝撃がフルに伝わるようになるそうです。そうすることで膝関節症や腰痛などを引き起こす恐れもあるそうなので、そうした取り返しの付かない事態に発展する前に角質が出来始めた段階で綺麗に取り除けば安心です。

コメントは受け付けていません。